たった5分でムダ毛をつるんとケアできることで人気を集めているスルルですが、どのサイトで購入するのがお得なのでしょうか。多くの方が公式サイトからスルルを購入している理由とは何なのか知りたいですよね。

楽天ランキングでも1位を獲得しているスルルは、公式サイトよりも楽天の方がお得なのでは?と思い調べてみました。楽天では100g入りが6000円で販売されていましたが、公式サイトでは100g入りを一本で購入すると4480円なので、公式サイトの方がお得ですね。

さらに、公式サイトならまとめ買いもできてさらにお得です。2本セットでは34%OFFの7960円、3便セットも同じく34%OFFで価格は11940円です。スルルの公式サイトでは、3本セットが最も人気となっています。

さらに割引率が高い5本セットでは、1本プレゼントがついて合計6本で45%OFFの19900円です。最もお得にスルルを買いたいなら、公式サイトの5本セットが最安値ということになります。

スルルをお得に買えるのはどこ?と迷っている方は、公式サイトでのお買い物がオススメです。セット価格がお得になるのは、特別キャンペーンの実施中のみのようですからこの機会を逃さずに申し込みたいですね。

>>スルルの公式サイトはこちら

スルルの口コミ!悪い口コミもあるの?

スルルは実際に使った方たちからどのような口コミ評価が寄せられているのでしょうか。本当にムダ毛がスベスベになるのか、お肌へのダメージは無いのか、実際に使ってみる前に口コミでチェックしておきたいですよね。

30代の女性からの口コミでは、塗って放置するだけだし、ティッシュで拭くと毛がポロポロ取れる。簡単だしお肌も荒れなかったと良い内容の口コミが寄せられていました。

他の方からは、今までの除毛クリームはピリピリしてすぐに使うのをやめていたけれど、スルルは痛くならずにキレイに除毛できた。リピートしたい!と口コミがありました。他の除毛クリームに比べて、スルルは痛くなりづらいと感じる方もいるようですね。

一方で、値段の割にはイマイチだった、肌に合わず湿疹が出てしまった、全然取れなかったなど悪い口コミもありました。スルルを使う際には、お肌との相性は慎重に確かめた方が良さそうですね。

夏はムダ毛の処理範囲が増えて、カミソリでは時間がかかってしまう、すぐに生えてきてストレス、という方にはスルルでのケアは手軽で良いのではないでしょうか。ごっそり毛が取れるケアなら、達成感もあって無理なく続けられそうですね。

スルルはなぜ放置するだけで効果が出るの?

スルルは塗るだけでムダ毛が無くなるお手軽ケアとして注目されていますが、なぜ塗るだけでOKなのでしょうか。どんな仕組みでムダ毛に効果を発揮してくれるのか、知りたいですよね。

スルルには、パックのように密着してごっそり強力除毛してくれる効果のあるチオグリコール酸カルシウムという医薬部外品有効成分が配合されています。医薬部外品ではない化粧品に分類される除毛クリームと、スルルの異なる点は、医薬部外品にしか許可されていない成分が入っていて、強力に除毛をしてくれるという点です。

スルルは高密着処方なので、産毛も剛毛もクリームがピタッと密着して除毛成分を抱えた微粒子が浸透し、柔らかくなったムダ毛がするんと取れる仕組みです。使うほどに保湿効果でムダ毛が目立たないつややかなお肌に近づくことができます。

また、除毛成分だけでなく、チクチクやポツポツを抑えてくれる効果が期待できる11種類の大豆イソフラボン含有の大豆エキスも配合されています。女性ホルモンに似た効果を持つ大豆イソフラボンは、お手入れの頻度を減らしてくれることが期待できます。

スルルには、お肌をしっとり保湿するシアバターや、お肌を引き締めるシソエキスなど美容成分も豊富です。ムダ毛ケアをしながら美肌になれたら嬉しいですね。

スルルはVIOや顔に使っても良いの?

手足以外に除毛したい部位といえば、VIOや顔が上位に挙げられます。でも、除毛クリームは刺激が強そうでVIOや顔には使えないというイメージがありますよね。スルルもやはりVIOや顔には使えないのでしょうか。

スルルの公式サイトを調べると、使用できる部位としてうなじ、背中、胸周り、お腹、脇、膝上、ひざ下、ワキ、手・腕が挙げられています。「全身にお使いいただけます」という文章もありますが、VIOや顔、頭部を除くと明確に記載されていますから、やはりスルルは顔やVIOには使えないようですね。

VIOや顔は他の部位に比べて皮膚が薄かったり、粘膜が近いなど除毛クリームでのケアには向かない部分です。無理して使うと肌トラブルの原因となります。公式サイトにも記載されている通り、VIOや顔への使用はやめましょう。

VIOや顔には使えないものの、うなじや背中に対しては、カミソリよりも格段に処理しやすいと感じる方が多いようです。スルルは、塗るだけで良いという特性が生かされる部分に使用するのが良さそうですね。

>>スルルの公式サイトはこちら